普通二輪の教習が不安な人も大丈夫!気をつけたほうがいい部分を教えます。

普通二輪の教習が不安な人も大丈夫!気をつけたほうがいい部分を教えます。

バイク・アウトドア

二輪免許を取りたいけど、最初って何するのか全然分からないですよね。漠然とした不安感や、ハードルみたいなのがあって断念する人もいるんじゃないかなーと思います。

でも大丈夫!全然力がなくて身長も151cmの女でも延長なしで取得できました。クランクが苦手すぎて憂鬱になったり色々ありましたけどね…。あれは本当にしんどかった。

今回はそんな「二輪教習が不安で仕方ない人」向けに、二輪教習でつまずいた部分を紹介していこうと思います。この記事で、少しでも二輪免許へのハードルが下がってくれることを願っています。

普通二輪の教習に使われるバイクは大体CB400SF

普通自動二輪(MT)の教習、大体このバイクが使われています。f:id:ptkabe:20170826083146p:plain:w960 引用-CB400 SUPER FOUR / CB400 SUPER BOL D’OR | Honda

CB400 super four!通称スーフォア。

400ccのバイクで、免許取得後に買って乗ってる人もまぁまぁ多いかな?と思います。乗りやすいんですよね、このバイク。

スーフォア(現行)のざっくりとしたスペックはこんな感じ

  • シート高:755mm
  • 重さ:201kg
  • 排気量:400cc
  • 全長:2080

教習時に乗るのは教習車仕様なので、エンジンガードやら諸々含めるともうちょっと重くなります

足つきの問題ですが、151cmの私でもこのシート高だと2cm以上の底があるブーツでなんとか乗れました。なので155cm以上ある人なら足つきはそこまで大きな問題にならないかな?と思います。

思ったよりシートは高くないです、大丈夫。

普通自動二輪ATはビクスク教習なので結構重たくてつらいです

ちなみにATだとシルバーウィング400というビッグスクーターに乗ることになりますが、スーフォアより重たいんです(MTで免許取得に行っても一度は乗らされます)

しかも小回りがきかない・免許取得後に乗れるバイクも少ないので、余程の理由がない限りはMTでとった方がいいです。

MTは一見難しそうに見えますが、扱いに慣れてしまえば簡単です。

最初は引き起こしと取り回し・・・だけど重さにびっくり

バイクって見た目以上にめちゃくちゃ重いんですよ…。

カブですら100kgオーバーです。慣れたらそうでもないんですが、最初はびっくりするほど重かったです。

軽々乗ってるように見えますが、引き起こしにもコツがいりますし、何より取り回し(自力で押しながら歩く)は最初本当に辛かったです。押しながら八の字とか歩かされるんですけど、ま〜〜〜なんというか…先が思いやられる重さでした。

ちなみに、免許取得後のツーリングは輪ゴムやヘアゴムを持ち歩くことをおすすめします。

倒しちゃった時、ブレーキレバーをゴムで固定するとタイヤが滑らなくなり、かなり起こしやすくなるんです。カバンやジャケットにとりあえず入れておきましょう。

引き起こしができないと普通自動二輪・小型限定(125cc)からになる事も

皆が皆引き起こせるかと言われたらやっぱりそうじゃないんですよね。

できないとどうなるかって話なんですが、小型から取得→限定解除になるパターンが多いです。

滅多にないらしいんですけど、引き起こしと取り回しができないと小型からで…って言われる事もあるようです。

ちなみに普通自動二輪小型限定MTの場合、ホンダのCB125 or CB125Fが使用されている場合が多く、重さは約140kg。スーフォアより60kg以上軽いんですよね。

大人1人分の重さ、米袋6つ分の重さ…って考えると結構違いますよね。

教習に必要なヘルメットやプロテクターの貸し出しは教習所による

教習所にはヘルメット・プロテクター・レインウェアなど貸出品として置いている場合が多いと思いますが、場所によっては貸出品がなかったりする場合もあるらしいです。プロテクターはさすがにあると思うんですけどね…。

教習所によるみたいなので、入校時に必ず確認しましょう。

個人的にヘルメットに関しては他の人がかぶったやつはちょっと…だったので、事前に買いました。

というか、頭の形に合う合わないがあるので買っておいたほうがいいです。全く合わないのだと少しかぶってるだけで頭が痛くなります。

グローブに関しては、私が通っていたところでは「とりあえず軍手でも大丈夫」とのことでしたが、結局買いました。

本革でも実はそこまで高くないので、教習中に慣れておくっていう意味でも買っておくことをおすすめします。

服装は絶対長袖で靴はくるぶしまで隠れているものを選ぼう

いくら夏でも絶対長袖長ズボンでいきましょう。靴はなるべく、くるぶしまで隠れているものを選ぶのが吉。ローカットのスニーカーだと受けさせてくれないところもあるっぽいです。

ちなみにコンバースのスニーカーみたいなペラッとした靴は、いくらハイカットでもおすすめしないです。ギアチェンジする時若干痛いです。

免許取得後にバイクを購入する予定があるならバイクブーツはこの時点で買っておくのがおすすめ。もししばらく乗る予定がないのであれば、ワークマンなどで安全靴など買ってもいいかもしれません

ちなみに長靴は滑るので絶対おすすめしません…。

教習中はとにかく「ニーグリップ!ブレーキレバーはきちんと握る」


ニーグリップってなんぞ?って感じですが、バイクのタンクを脚でしっかり挟む事です

え?路上でバイク乗ってる人たち、そんなことしてる?って感じですよね、わかります。

でもね、教習中は必要なんです。なぜなら、バランスをとりながらクリアしなければいけない項目が多いからです。

クランク・一本橋・S字・スラローム…。バランス崩したら何もかも終わりなのばっかりです。教習中「補助輪ほしいな」って何度思ったかわかりません(?)

とにかく!タンクはがっちりと脚で挟みましょう。忘れがちなんだけどね、これ。

バイクは視線を向けた先に進む事を忘れてはいけない

バイクに乗る時は、どこでも基本的に目線がだいじ!!!

どこで走っていようがバイクは視線が大切です。

周りの景色が綺麗だったり他の人が走ってたりするのに目を奪われすぎると、バイクもそちらに進みます。怖いです。激突します。

特に一本橋。一本橋で落ちた事のない一本橋マスター(自称)なので断言しますが、一本橋はとにかく下に目線を落としたらアウトです。

これが一本橋。幅は30cmしかないです

幅が30cmしかないふざけた仕様の鉄の板を15mゆっくり進まなければいけないんです…。普通自動二輪の場合は7秒かけて通過しなければいけません。不安になるのもわかります。

でもね、ニーグリップして進む先に視線を向けておけば大丈夫です。

とにかくニーグリップ!目線を進行方向に向ける!下に落としてはいけない!これ鉄則!!!

公道に出てからも視線はかなり大切です

峠道とか急なカーブとか、スピードも大切ですが視線はとにかく進む先に向けましょう

ガードレールに視線を向けて走ると一直線でそっちに走っていきます。かっこいいバイクを見つけても、動物が道の脇にいたとしても、そっちを見てるとそっちに進みます。突っ込んじゃうね。こわい。

ゆーっくり走ってれば立て直せるかもしれませんが、スピードが出てる時だと終わりです。しっかり前見て走ろうね。

余談ですが二輪教習は場外に出ません

よく聞かれるんですが、バイクは路上教習がありません。教官も横に乗れるわけじゃないですからね。

つまり、免許取得した後バイクを購入したら、そこから急に公道デビューすることになるんです。ヒエッ…

最初は早朝の車が少ない時間帯に練習すると上達するのでおすすめです。夜は見えにくいのであまりおすすめしないかも。私は朝4時半に起きて30分ほど走ってました。早朝の空気は澄んでいるのですっきりして一石二鳥ですよ。

二輪教習において「半クラッチ」は欠かせない

いろんな場面で出てくる半クラッチ。

軽くクラッチレバーを握るとできる技なのですが、要は「バイクを超絶ゆっくり走らせる」ための方法です。これ、クランクとか一本橋でよく使うんですけど、教習所で習うと思います。

教えてくれなかったら聞いてください、必ずです。

いざという時に忘れがちなんですよね、半クラ…。ゆっくり走らなきゃいけない場面でも忘れてスピード出しがち。

ゆっくり走る場面ではなるべく意識して使いましょう。

クランク・スラローム・S字・坂道発進・急制動・一本橋について

二輪教習の苦手分野

踏切だの発車時の確認だの色々やることはあるんですけど、メインイベント(???)はここらへんじゃないかと思います。

これ、割と皆それぞれ苦手項目が違うんです。

なんで「皆はこれできるのに私はできないの…?」って思うかもしれませんが、多分皆違うところでその壁にぶつかってます

一本橋だけがひたすらできない人もいれば、何回やってS字でコケる人・スラロームのタイミングが合わない人、それぞれ結構苦手分野ってバラバラなんですよね…。

クランクがトラウマになりかけた話

二輪教習のクランク怖い

これは別の記事でも書こうと思うのですが、私の場合はクランクが本当に苦手すぎて精神的にしんどくなるレベルまで来ていました。

恐怖で力が入り、縁石に乗り上げてぶっ飛ぶ始末…。脚に結構でっかいアザを作って一週間くらい教習を休んだ記憶があります。

基本的にクランクってギアを二速に入れて半クラしながら通るんですけど、私の場合は一速でブレーキをかけながら慎重に進むことでクリアしました。

普通自動二輪の教習はとにかく力を抜いて頑張ろう

相当怖かったのは否めないんですけどね。取得してしまえばこっちのものです。

二輪免許の取得って難しく感じるかもしれませんが、バイクってそれだけ危険な乗り物なんです。免許取得後に気がゆるんだ時が一番怖いですからね…。

とんでもないスピードで走り回ってる人たちは結構多いですが、絶対真似しちゃダメです。あっさり死にます。

程よく緊張感を持っているほうがバイクは絶対に安全なので、変な力を入れず程よい緊張感を持って頑張りましょう!私でも取れたんだから大丈夫です!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で