読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱつかるちゃー

ものづくり・旅雑記。北海道在住20代幼稚園児、青緑色カブがトレードマークのフォトグラファーもどきが運営してます。

若者の車離れが進む中「自分の車」を持つ意味とは何なのか。

f:id:ptkabe:20160802004523j:plain:W600

皆さん、車の免許は持っていますか?そして、車は持っていますか?
私は持っていません。元々札幌でずっと働く予定だったので必要ないと思っていました。

そもそも元々、乗り物というものに興味が無く
二輪に乗り出したきっかけですら「移動の足に」というものでした。

「若者の車離れ」が進む現代

今の世の中、公共交通機関がとても発達しています。なので車を必要としない人は確実に昔より増えており、
わたしが仕事をしている札幌も、地下鉄・バス・市電・JRなどが走っていて街中もタクシーで溢れかえっているので正直あまり車の必要性を感じません。特に中心部。外れでもきちんとバスは走っています。

正直、北海道は地方に行くと車がないと移動できない所も多いのですが、若い人達は地方を抜け出してどんどん札幌のような街中に集まってしまうのです。 わたしの周りでは東京なんて大都市に行ってしまう人も少なくない。仕事もやはり大きい都市に集中しているし、若者向けのお店もやはり街中に多く出店しています。

そりゃ車に乗る人が少なくなるわけですよ・・・ 車がなくても生活できるところに人が集まってるわけだし。
しかも車を持つと、車の購入代金・ガソリン代・税金・車検…他にも色々なお金がかかってくるわけです。維持するのも一苦労。
免許代だって馬鹿にならないし、取得するのに時間もかかる。挙句の果てには街中のお店には駐車場がなくて、コインパーキングは少しお高めです。

しかも今はカーシェアリングなんかも出てきて、自分の車を持たなくても気軽に車に乗れてしまったりします。確かにこれは便利・・・

Wikipediaにも「若者の車離れ」の項目ができています。

若者の車離れ - Wikipedia

やはり、自分の車を持つ「メリット」「デメリット」を天秤にかけた時に「デメリット」が上に来てしまう人が多いのでしょう。

わたしも例外ではありませんでした、別に車がなくてそこまで不便があるわけでもないし。

全く興味がなかったからこそ、気づいたこと

ちょっと個人的な話をします。

わたしは以前、「車好きな男の人は、お金を車にばかり沢山使うから将来心配だなぁ・・・」なんて思っていました。しかし、わたしの彼氏は車が大好きなのです。
所持している車はトヨタの86(ZN6)という車種で、もういかにも車好きじゃないと持たないだろうなっていう車です。
(ちなみに頭文字Dの車と同じ名前だけどまた違う車。後継ってわけでもないみたいで、スバルからは少し違う顔と中身でBRZという名前のが出ています)

f:id:ptkabe:20160728235742j:plain:W600

ね、いかにも車好きな人が乗りそうな見た目でしょう。でも一目見て思いました

この車超かっこいい!!!

車のことは何も詳しくありません。言ってしまえばバイクもそこまで詳しくないんだけども・・・けれど、最初見た時「めちゃくちゃかっこいいね!」と思わず言ってしまいました。このオレンジがまたいい色なんですよ、顔もスタイリッシュです。内装も赤と黒で統一されていて落ち着きがあります。

けれど正直、「車好きの男の人は車にひたすら金をつぎ込んでいてあぶない」論を持っていたわたしには一番こわい車でした。その証拠に、マフラーもホイールも他のパーツもやはり結構なお値段がします。

最初はなんで車に対してここまでお金をかけるか疑問でした。燃費自体はスポーツカーだけど10km/Lくらいで、そんなに悪くないのだけれど。
この車を最初に見たのはちょうどわたしがクロスカブに乗り出した時期と同じくらいだったのですが、わたしの塗装された新車クロスカブの乗り出し価格と、この86に現在装備されているホイール+マフラーの値段が大体同じなのです。むしろ後者の方がちょっと高い・・・

やっぱりかっこいい車なんだけどいじったり維持するのにもかなりお金がかかるんだなぁ、大丈夫かなぁ。なんて思ってたけれど、彼の車への愛情のかけ方を見ているとちょっとずつ気持が変わってきました。

なんだかちょっと懐かしい感覚。

f:id:ptkabe:20160729002156j:plain:W600

一番最初に見たときは、マフラーのみが取り換えられていてホイールや他の部分はほぼ純正でした。車の顔自体がかっこいいのでノーマルでも十分かっこよかったのですが・・・

時折「このホイールどうだろう?」「ナットはどの色がいいかな」「ヘッドライトちょっと変えてみたい」とか、車に関することを相談されます。ちんぷんかんぷんだったわたしは、これをこれに変えたらこんな見た目になるんだろうな・・・というイメージでしか答えられず。けれど、実際に変わっていく車を見て
「ああ、なんだか車を選んだりパーツを変えたりするのって着せ替え人形みたい」なんてバカみたいな事を考えていました。

でも実際に、本人の感覚もそんな感じみたいで 「同じ車に乗っていても人それぞれカスタムの仕方は違うし、その人のセンスが顕著に車に現れているから面白い。自分はシンプルだけど人と違う車にしたい」なんて言っていて
それってやっぱり着せ替え人形と同じじゃない?なんて思ったり。

小さい頃、リカちゃん人形が流行っていました。皆おなじ人形を持っているけれど、別売の洋服を着せて靴やカバンも選んでつけてあげる。それで「わたしのリカちゃんはこんな風になったよ!」なんて皆で見せ合いっこしてそれで遊んだり。 新しい服を手に入れたら安いものであろうとちょっとパワーアップした気がしたし、 熱で髪色が変わるのが発売された時は買った友達の家へすぐ遊びにいきました。

なんだかそんな小さい頃の感覚に似ている気がしたんです。

それに加えて、リカちゃんにはどうやら仲間がいるようです。

licca.takaratomy.co.jp

ほら、これ車の別車種みたいなものじゃん! (となるとバービーは外国車になるのかな)

昔そうやって遊んできたものが、大人になって大きなものに移り変わる。パーツを変えてあげると自分だけの車になって、身の回りの人だけではなく知らない人にまで「いい車ですね」なんて言われたりする。
それに、そんな高いパーツをバンバンつければいいもんではないですし、現にステッカー類はわたしが切り出してサイズが合うように作ったりしています。工夫すれば安くカスタマイズできるんですよね。

なんだかそうしてるうちに、最初はただの「かっこいい車」だった86の事が可愛く見えてきました。

軽自動車のラインナップもたくさん。

最近はもはや「次は何のパーツを付け替えるの?」と聞くように。 でも別に高いパーツに変える事が大切なわけではありません。ただ、自分の好きな車をそこまで手をかけて大切にしているので、なんだか気になってしまうのです。

けれど、現代にはやっぱり「そこまでして車って必要?」という声も多くあるでしょう。

でもね、自分の好きな車で自由に好きなところへ行けるのはとても楽しいです。 いや、正確にはわたしは隣に乗っているだけなんだけども・・・笑
でも、自分まで愛着が湧いてしまっているので横に乗っているだけでなんだか楽しい気分になりますし
遠出するのにもワクワクします。それに、車を褒められているところに遭遇すると自分まで嬉しくなります。

それで最近すごい思うんです。

自分の車が欲しい!

という事で、貯金が溜まり次第普通免許を取ろうと思っています。

今はありがたい事に、軽自動車がとても充実しています。お金がなくてかっこいい車に乗れないよ・・・なんて人。軽自動車にもスポーツカーはありますよ!

www.honda.co.jp

ホンダのS660。ものすごい小さい車なのですが、少し独特な動きをします。あと面白いのが、なぜかトランクが後ろではなく前にあるんですよ。ぶっちゃけ積載量は期待できない!(笑) けれど、めちゃくちゃかっこいいです。

copen.jp

ダイハツのコペン。軽自動車だけどオープンカー。ラインナップがすごい!色もたくさんあってかなり迷います。

ちなみに、TOYOTA 86(GT)が新車価格で約300万円なのに対してホンダのS660が約200万円。 安いかって言われると正直なんとも言えないけど、普通車よりは手を出しやすいです。

それでもわたしみたいに予算が全然ない人、たくさんいると思います。
スポーツカーに限らず、今はたくさん出てますよ、軽自動車!
なんせ維持費が安い!その上、車体価格も安いので貯金して一括で買ってしまえば月々のローンが・・・とかいう心配も無くなります。ちなみに、保険料も一括で払ってしまうのがオススメ!月々かかるお金の気分的な負担を徹底的に減らすだけでも自動車を維持するのも楽になります。

car-moby.jp

中古だと、たくさん出回っている車種ならかなり安く買えます。大人気のハスラーでもだいぶ安くなってきましたからね・・・

www.suzuki.co.jp

わたしもハスラーの黄色か赤が気になるので、今だとどのくらいの値段で購入できるのか問い合わせてみました。

(ケチだから上限120万で・・・)
とりあえずお返事待ちです。

お気に入りに乗って出かける旅は最高!

ちなみに、二輪免許を取得した自動車学校に普通自動車免許取得のための資料も貰いに行きました。

なんだか、

www.ptkabe.net

お前二輪バンザイ!みたいな記事書いてただろ!みたいな声が聞こえてきそうですが。 もちろん二輪は楽しいです。けれど、積載量はそこまでないですし大雨や雪の日は乗れません。
それに、将来的には地元を離れる予定なので、その時のために色々今から考えなければなと思っています。都市部から離れて二輪オンリーだとやっぱり冬場困っちゃうからね!

そしてやはり乗るなら好きな車がいいです。いくら足にするだけ!って言う人でも、車種の比較はしますよね?それで気に入ったものがあれば嬉しくなりません?
バイクもそうだったのですが、やはり気に入って買ったものに乗ってどこかに行くのは気分が格段に違いますから。お気に入りの服を着てると気分が上がるのと一緒です。

公共交通機関が発達し、趣味が多様化してきた現代。
確かに賃金の問題もあります。現にわたしは現状貯金をとある事情でほぼ使ってしまい、本業の賃金も高くはありません。 給料が低いとやっぱり車になかなか手を出す気に気になれないんですよね・・・

でも、友人は徹底的に探してダイハツのムーブの古い年式を15万円で購入していました。
内装も結構綺麗。羨ましい! こんな風に探せば安い車なんてたくさんあるんです。

ここまで推しても、車を持つ意味がイマイチわからない人も多いかもしれません。わたしも前まで分かりませんでした。 けれど、車で公共交通機関でいけない所まで自分の足で行けるというのは本当に大きい事です。若い人こそ、自分の車を所有してたくさん色々な所に行くべきだと思うんです。
別に街中は公共交通機関でいいと思います。けれど、自分の世界がそれ以上には広がりません。

わたしは二輪でそれを学んだので、四輪で更に幅を広げたいなと思ってます。
それに、別に安い服を着せたリカちゃん人形だっていいんです、それが自分のお気に入りであれば。
軽自動車はモテないし・・・なんて渋る男の人もよく見かけますが、その車が好きで本当に大切にしていればそんなの関係ないです!というか車で男を選ぶ女なんてロクじゃないよ!(笑)

バイクや車(の助手席)で旅行して写真を撮っています

ptk-abe.tumblr.com

自分で撮影した写真には、公共交通機関じゃ絶対に行けない所で撮影した写真もたくさんあります。そこから生まれた仕事だってあります。

楽しいよ、自分の足で行く旅!間違いなくお金の以上価値がありますよ!