ぱつかるちゃー

ものづくり・旅雑記。北海道在住20代幼稚園児、青緑色カブがトレードマークのフォトグラファーもどきが運営してます。

キャラが定まらない?そんな人は「自分のテーマカラー」を決めよう。

スポンサーリンク


f:id:ptkabe:20160719234515j:plain:W500

皆さん、好きな色ってありますか?
私は昔から青や緑が大好きで、
一時期髪の毛先まで青緑でした。

「色」は他の情報より印象に残りやすい。

この間の記事にも書いたんですけどね。

www.ptkabe.net

わたしはバイクを新車塗装しています。
「は?新車で塗装?」みたいな反応は
結構な頻度でされるんですけどね。。

好きな色だから乗っていてテンションが上がるのはもちろんのこと、何より人にめちゃくちゃ覚えてもらいやすいです。

昨年秋くらいに北海道の中山峠付近にある
コンビニの前でコーヒーを飲んでいたら、
同じくバイク乗りの男性が居その場に居て
バイクの話をちょっとだけしたんです。

そして今年の春、なんとなく寄った北海道長沼町コンビニで休憩していたら
こっちに向かってくる人影が。
「あの、もしかして去年峠でちらっと話しませんでした?」
そうなんです、昨年秋に峠で遭遇した男性でした。
わたしが、バイクを塗装したんです!この色が好きで!っていう話をしてたので、この青緑色をよく覚えてたんだとか。遠目で見てすぐわかったそうです。

バイク自体はカブなので、まあまあいるのですが
やっぱり色で気づいてもらえるんですよね。ネット上でもたまに「青緑カブの人」って書かれます。それだけ色のイメージって大きいんだろうなあ。

サイトカラーも名刺も青緑にすることに。

このブログをぱっと見てわかる通り、
かなりの確率で青緑を使っています。

f:id:ptkabe:20160628225157j:plain
(お問い合わせボタンもこの色にすれば目立つかなって策略)

もちろん単純すぎてもなんだか面白みがないので、青緑オンリーにはしていませんが・・・。それでも、なるべくこの色で統一することにより
「青緑の人」っていうイメージが植え付けられます。
名前とか文字情報で覚えてもらうより先に、
色の印象で自分を売り込むことから始めようと思ったのです。

名前とかの文字情報は正直いって
覚えてなかったり思い出せないことが多かったりする人が多いと思いますが、
色だとぼんやりでも頭に残ってくれる場合が多いです。

だってキウイって言ったら緑でしょ、
りんごとかイチゴは赤だし、パイナップルは黄色。「具体的な細かい色味」は浮かばなくても、
「この果物はこの色」っていうイメージは誰の頭にもあるだろうし、イチゴって何色だっけ?ってならないよね?

だからこの際「青緑の人」になってやろうと思ったわけで。
「ぱつこ」とか「ぱつかるちゃー」とか「阿部(本名)」なんていうのは 、あとからついてくればいいんです。とりあえず、「青緑の人」っていう視覚的イメージを見てくれる人に植え付けることから始めてみました。

こんなに目にも頭にも残りやすい情報って
色以外ないと思いませんか?正直、名前を覚えてもらうより圧倒的に早い。

最近人と会う機会が多いので簡易名刺を製作したのですが、それも青緑と白のみにしています。

印象が薄いと言われる人、キャラが定まらない人は「テーマカラー」を決めてみよう。

よく自分のキャラがわからない・定まらないとか、
印象が薄くて人に覚えてもらえないとか
そういう話を聞くんです。
そんなもの全部色に頼ってしまえばいいんです。

身の回りの例を1つあげると、
わたしの友人に持ち物がほぼの人がいます。
この文字みたいな色の緑です。
彼は専門学校時代の友人なのですが、
学校が始まった時の自己紹介で
「僕は緑が好きで、持ち物も緑のものが多いです」
という発言をしていました。
すると、やはり他の人より圧倒的に話しかけられていました。その後もやはり「緑が好きな人」「緑のものが多い人」って覚えられていましたし、今でも緑の持ち物が多いイメージは私の中に残っています。

わたしは他に青緑好きを名乗る人がいても
青緑好きを名乗ることをやめるつもりはないです。
だって言ったもんがちじゃないですか。
別に他の人が好きだろうとそれは関係のないことです。

色には大きな力が備わっている

デザインをする上でも色は非常に大切なもので、
購買意欲を掻き立てる色は赤!ナチュラルに見せる時はベージュ!とか、まあ色々あるわけです。

gigazine.net

なので、自分のテーマカラーを決めるということは
「自己マーケティング」と言ってもいいかもしれません。

ぶっちゃけわたしはズバ抜けてすごいものを持っていないので「自分はこんな人です!」っていうのをアピールするより、色のイメージを全面に出すことが手っ取り早いと思ったんです。

なので、冒頭に載せたバイクの記事でも
「バイクを新車で青緑に塗装した」ことを全面に押し出しています。
そしてシェアしてくれる人も色について触れてくれている人が多いです。
なので青緑色という色名やその色のバイクの写真とともに、私の名前やブログ名も流れていくわけです。
そして青緑という色とセットで私を覚えてくれた人が増えたわけで。

とにかくね、何に関しても色は大切です。
色によって美味しそうに見えたりおしゃれに見えたり
クールに見えたり元気に見えたり暖かく見えたり。 それだけ色には人間の本能に働きかける大きな力があります。
なので、他の情報を前に出すより圧倒的に印象が残りやすくなります。
その色の力を自分のものにしてみませんか?

散々「自分のテーマカラー」なんて言ってきましたが、
もちろん「物」を売り出す時にもこの手法は使えます。
心理学の本なんかも出てるので、マーケティングの参考に是非。

ちなみに、青緑の人を強調しすぎたせいで
気づいたら私服も青緑がどんどん増えていて
「派手な服ばかり着ているね」と突っ込まれるようになったとさ。