ぱつかるちゃー

ものづくり・旅雑記。北海道在住20代幼稚園児、青緑色カブがトレードマークのフォトグラファーもどきが運営してます。

EOS kiss x5を購入した後OLYMPUS PEN E-P1まで購入してしまった話

スポンサーリンク


f:id:ptkabe:20160630221838j:plain:W500

やってしまった。ついに。
いつかやってしまうのではないかと思ってたのだが
とうとうやってしまったようだ。

そう、二代目のカメラを購入してしまったのである。

5月に購入したEOS kiss x5。

みなさんお解りかと思われますが、
一眼レフって持ち歩くには萎えるくらい重い。

ちなみに、わたしの普段の相棒はコイツだ。

f:id:ptkabe:20160630222350j:plain:W500

キヤノンのエントリーモデル、EOS kiss x5だ。
そもそも重たいと持ち歩かないなぁ、と思って
このカメラを選んだ。ヤフオクで購入。

一眼レフの中では結構軽いほうだと思うんだけど、
やっぱりそれでも重たい。肩が死ぬ。
正確には肩はもう死んでいるので、そこに滅多刺し食らう感じ。

休日は滅多刺しにされながらも、毎日持ち歩いている。
必要があればこれに標準ズームと望遠レンズと三脚とレリーズのセットまで。

ちなみに、普段は大体このレンズしか使用しない。

なんせ軽くて安くて写りがヒジョーに良い。
望遠も使用するけど、そこまで出番は多くない。



先ほどのEOS kiss x5に装着して撮影したの図。
焦点距離が50mmの単焦点レンズだが、
一万円ちょっとで買える上にかさばらない。
そして、わたしみたいな未熟者初心者でもそこそこに撮れるのである。
キヤノンの一眼レフを購入したらまずはこのレンズから買ってほしいですな。。

ちなみに、新しい型も出ている。

オートフォーカスの際はこちらの方が静かで、
ビデオ撮影する人はこっちの方が良い、らしい。
(使ってないからわからないですごめんなさい)

でもなんだかんだ言って単焦点オンリーで持ち歩いても、
本体の重さにはわたしの肩は勝てなかったようだ。
あと、リュックがパンパンになって恥ずかしい・・・

そこで、思いついてしまったんです。
唐突に「あ、ミラーレス機があれば一眼レフは持ち歩ける」
なんて。。その衝動にどうしても勝てなかったわたしは、
夜、ベッドで眠たい目をこすりながらメルカリで購入ボタンをぽちり・・・

そう、そして2機目がやってきた。

f:id:ptkabe:20160701001028j:plain:w500

最初にも載せたこのちんまりした一眼レフ。
その名も、OLYMPUS PEN E-P1

f:id:ptkabe:20160630232647j:plain:w500

このカメラはこのレンズ以外買わないことにしました。
通称パンケーキレンズ。

薄くて持ち運びがしやすい!厚みは2センチもありません。
これならカバンの中を陣取らなくて済みます。
これを装着したままポーチに入れておきます。

このカメラ、結構年数が経っていて
発売が2009年の7月3日。丁度今から7年前に発売されたカメラなんです。。
7年前ってわたしはまだ高校1年生・・・もはや時代を感じます。

オリンパスの"PEN"というカメラが、
初めてフィルムからデジタルに移行されたカメラだそう。
そんなカメラだけど、撮影してびっくり!
そんな型落ちを感じさせない写りでした。

f:id:ptkabe:20160630230650j:plain:W500

これはいい!!!
何気なくキャンプ中にテントの中から撮影した一枚。
思ったよりはっきり写ってくれます。
うーん。いい買い物をした。 パンケーキレンズも良いんだろうなぁ、これ。

平日はこちらをにします。
少し持ち歩いてみたけど肩が楽だよ!!!よかった、一安心。

どこからかそこまでカメラを持ち歩きたいのかって声が聞こえてきそうだけど、
そこまでして持ち歩きたいのでそこは触れないでほしい。

本格的に始めたい人はミラーレスよりエントリーモデル

けど、ミラーレス機って ほとんどの物にファインダーがないんですよ。

ファインダーの仕組みについては
こちらのサイトがわかりやすく解説してくれています。

光学ファインダーと電子ファインダーの違いとメリットデメリットの比較|デジタルカメラとレンズの簡単比較と使い方

ミラーレス用の外付けのファインダーもあるんですけど、
カバンにしまってると出っ張ってじゃまくさい。
最初からファインダーがついているミラーレスもあるけど、
それならミラーレスじゃなくても・・・って思っちゃうんですよねぇ。

ぶっちゃけ、構図とか考えるのにはファインダーがあった方が良いです。
そこで慣れてからミラーレスを購入した方が撮影に幅が広がる。

もちろん、本格的に撮りたいわけでもないけど、
コンデジじゃ物足りないなんて人にはミラーレス機をお勧めします。

けど、一眼レフを始めてみたい・・・なんて人は
エントリーモデルの一眼レフから入った方がいいです。
一眼レフで本格的な撮影を始めたいのにミラーレスから入っちゃうのは
なんだか非常にもったいないです。

あくまで個人的な意見なんですけどね。。

ネットを利用すればカメラは安く手に入る

今回の二台、Canonがレンズ3本とボディで¥48,000、
OLYMPUSがパンケーキレンズ付きで¥23,000。
どちらもきちんと箱入りで、もともと入っている付属品に
別売りの説明本なんかのオマケもたくさんつけてくれてこの値段です。

オークションとかメルカリで探せば
結構安くて良い個体が見つかるんですよね。
今まで、コンデジとトイカメラと今回の二台を
フリマアプリとヤフオクで購入してますけど、
全部中古とは思えないくらいに綺麗。 amazonでも中古が出品されてます。こちらも同じくらい安い。

失敗しないポイントは、絶対に出品者の評価を見ること。
ここで悪いの評価がついてたらわたしは購入しないですね・・・

あと、気をつけたいのが送料。
送料別になってると別途¥1,000〜2,000程かかります。
北海道に住んでると特に高いんですよ。
せっかく安く手に入ったのに送料考えると
他の方が安い!なんてことになりかねませんから・・・

でも、カメラショップや家電ショップで見るよりは
圧倒的に安い!!!
カメラは高いなんて諦めるのは早いです。
エントリーモデルなら3万円代でもヨユーで買えます。

それに、最初からハイエンド(プロ向け)を買う必要なんてないです。
突き詰めて突き詰めて足りない!!!と思ったら買い換えればいいんです。

安く良いカメラを見つけて、楽しいカメラライフを!!!
ちゃお。