6Dmark2が発売されたのに初代6Dとレンズ3本を買って満足してます




Canonのフルサイズ機・EOS 6D。フルサイズ一眼レフの中でもコンパクトで軽いのが特徴です。

実は買う直前にちょうどEOS 6D mark2が発売されたばかりだったんです。正直めちゃくちゃ悩みました・・・

悩みに悩んだ結果・初代EOS 6Dを購入する事を決意

f:id:ptkabe:20171018161808j:plain:w960

色々悩んだ結果、初代の6Dを購入しました。

なぜ6Dを選んだかというと、一番大きかったのは「自分が今欲している機能だと6Dで十分賄える」という事でした。mark2は初代より性能が上がっているのはもちろんですし、そっちを買うべきだったと言う人も少なくないと思います

でもね、今までEOSkissを扱ってた人間には6Dでも十分でした。大は小を兼ねるって言うけど本当に必要になった時また性能が高いものを買えば良いんじゃないかなと思いまして

6Dmark2の他に5Dmark3を中古で買うという選択肢もあったのですが、6Dの方が暗所でのノイズが少ないという話を聞いたのと、重量の問題で6Dを選びました。

f:id:ptkabe:20171018162911j:plain:w960

私、小学校3年生の時から手の大きさが全く変わっていない位手が小さいんですけど、それでも6Dは片手でヒョイっと持てます。5Dはカメラ売り場で持ったことがあるのですが、あまり手にフィットしませんでした。笑

持った感覚で決めるなよ感はありますが、これって結構大切じゃないですか?性能はもちろん大切ですが、自分と相性の良い機材が一番良い仕事をしてくれると思うんです





ずっと欲しかった6Dとその気持ちを凌駕しなかったmark2

そしてもう1つ初代6Dを選んだ決め手になった理由があって、それは「ずっと欲しかったカメラだった」という事です。

ここで6Dと6Dmark2をざっくり比較してみます

製品名 6D 6D mark2
画素数 約2020万画素 約2620万画素
連続撮影速度 最高約4.5コマ/秒 最高約6.5コマ/秒
AF 11点 45点
バリアングルモニター なし あり
大きさ 約144.5(幅)×110.5(高さ)×71.2(奥行)mm(CIPA基準) 約144.0(幅)×110.5(高さ)×74.8(奥行)mm(CIPA準拠)
重量 約680g(本体のみ) 約685g(本体のみ)

引用-キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS|商品比較表

6Dにはバリアングルモニターがないし、AFのポイントも11点とmark2よりかなり少ないです。

しかしですね、私が今まで使用していたEOSkiss x5のフォーカスポイントは9点でした。これに対して特に不満を感じた事はありません

なんていうか、mark2のスペックを見て「これだ!!!これが欲しかったんだ!!!」とならなかったんです・・・バリアングルモニターにはちょっと心が揺れましたが、mark2購入を決断させる要素ではありませんでした

初代6Dとmark2の価格差は12万円程度

Amazonで購入したんですけどね、買った当時(2017年8月)の価格差は12万円程度でした。(現在は8万円くらいの差になってる模様)

私が買った当時、6Dが約11万円

mark2が23万円程度でした。

この価格差・・・結構でかい・・・予算的は25万円だったので価格的にはmark2でも全然問題なかったんですけど、1つ重大なことに気がついたんです。

私・・・あまりレンズを持ってない・・・

f:id:ptkabe:20171018171924j:plain:w960

という事で価格差を利用して6Dのためのレンズを3本ほど購入してみました。

6Dのために購入したレンズとその写り

f:id:ptkabe:20171018172343j:plain:w960

3本で約6万2千円でした。安い・・・

と言う事でいくつか6Dに付けて撮影した写真を載せてみます。

※全てLightroomで補正済みです

TAMRON 90mm F2.8 MACRO

左のレンズは、最新バージョンから二世代前のTAMRON・90mm F2.8 MACRO(通称タムキュー)2004年に発売されたレンズですが、現在も生産されています。

6Dに付けて撮った写真がこちら。

f:id:ptkabe:20171018173613j:plain:w960

f:id:ptkabe:20171018175825j:plain:w960

正直まだあまりマクロらしい写真が撮れていないんです。雪が降ったら何か撮れないかな?なんて考えてます。

本格的に活用するのは来年になる気がします・・・

TAMRON 28-75mm F2.8 XR Di

真ん中はタムロンの標準ズーム 28-75mm F2.8です。二万円台で買えるコスパ抜群のズームレンズです。F2.8通しのフルサイズ標準ズームで一番安いのでは・・・?

このレンズのウィークポイントはレビューにもあるんですけど周辺減光です。四隅がなんだか暗くなるんですよね・・・Lightroomで補正すれば一発で解決するんですけれども。

6Dに付けて撮影した写真がこちら。

f:id:ptkabe:20171018212731j:plain

f:id:ptkabe:20171018212804j:plain

2万円台この写りなら十分すぎませんか?これぞお値段以上のレンズだと思うんです・・・

正直シグマにしようか悩んだのですが、しばらくはこの標準ズームを使う気満々です。ポートレートにも風景にもばっちり使えます

Canon EF135mm F2.8

なんと1987年に発売されたフィルム時代のレンズ。今からちょうど30年前ですね・・・私が生まれる前や・・・

買ってみた理由は「なんとなく使ってみたかった」からなんですけど、思ったよりずっと活躍してます。

6Dに付けて撮影した写真はこちら。

f:id:ptkabe:20171018213620j:plain

f:id:ptkabe:20171018213700j:plain

なかなかじゃないですか?もう生産終了しているので程度の良い中古しか手に入らなかったのですが、それでもこの写りです。全然イケます

(古い中古だけど)一万円台で買えちゃうレンズとしては相当優秀だと思うんですよね・・・ポートレート向きかな?動いてるものは結構しんどかったです。

ちなみに今回の買い物で、こうやってレンズの沼にハマっていくんだなと実感しました。

カメラの性能も大切だけど熱量や相性も大切

f:id:ptkabe:20171018215246j:plain:w960

上の方にも書いたのですが、もちろん性能は大切です。性能の良いカメラだと綺麗な写真が撮れます。

けれど「綺麗なだけの写真」と「良い写真」って別物じゃないですか?

性能が良いからって全てそれに委ねて良い写真が撮れるなら誰だってカメラマンになれます。

でもそうじゃなくて「このカメラの良いところ全て使い尽くしてやろう」くらいの気持ちでいる事が大切だと思うんです。

f:id:ptkabe:20171018220249j:plain:w960

今回私がより性能の良いカメラを買わなかったのは結局「6Dというカメラにずっと憧れていて、そのカメラの良さを最大限に使ってみたかった」事に尽きると思います。

そんな良いものなの・・・?そのセリフはもっと変わったカメラに使うものじゃないの・・・?と言われればそれまでかもしれませんが、私にとっては初代6Dそういうカメラだったんです。

そしてこのカメラを色々活かしてみたくて買ったのが今回のレンズです。Lレンズとか買わないの?っって声が聞こえて来そうですが、今はまだ買わなくて良いかなと思ってます。

という事で、これから6Dを持って色々な所に出現しようと思います。購入して2ヶ月が経ちましたが、すっかり相棒です。

ちなみに今まで使ってたEOSkissは遠出ツーリング用カメラになってもらおうと思います(軽くて写りも良いから売らない)

あ、淡々と写真を上げてるだけのインスタも宜しくお願い致します!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で










この記事をシェアする