【二段階目】路上教習に卒検!不安でいっぱいな人に流れやポイントをざっくり説明します




修了検定も効果測定も無事パスして仮免許を取得したら次は何をするんだろう・・・

なんて思ってたんですけどね。

突然路上に放り出されるんです。私も「まさかなぁ」なんて思ってたんですけど、マジで最初から路上を走らされます。見本とか無いです

不安ですよね、私も普段かかない手汗をかきました。

という事で、今回は「路上教習〜卒業検定」までの道のりをざっくり書いていこうと思います。

不安で心がいっぱいな方、大丈夫です。私も幾度となくめげそうになりながら取得しましたから・・・

二段階目の初っ端から運転席に座らされます

1時限目の最初だけ運転する前にライトやオイルなんかの諸々の点検の仕方を教えられるんですけどね(2時限目からは出発前にライトの点検だけやります)それが終わったら

「じゃあ路上に出るから運転席に座ってね」

なんて言われてソッコーで路上に出されます。すぐです。

お手本があるのかな?なんて思うじゃないですか。そんなもの無いです

基本的に路上に出たら教官のお手本は無いです。何かあったら助手席から補助ブレーキを踏まれるだけです

とは言っても路上って案外広いもんなんです


路上は他の車も居るし〜とか、人も歩いてるし〜、とか色々考えると思うんですけどね。

安心してください、教習所内よりずっと広くて走りやすいです

いや、もちろんそれなりに狭い道もあるんですけどね。最初は割と広い道を走ると思います

乗り物なんて乗って慣れるしか道は無いんです

私は二輪で既に路上を走ってるマンなのでそこそこ路上には慣れているマンなんですけど、それでもやっぱり車は死角が多くて怖いです

でもね、これはもはや走って慣れる他にないです。二輪の時も免許を取得してから早朝4時半に起きてめちゃくちゃゆっくり家の裏を走って練習してました

それが今やバイクで一日350km以上走るんですよ。乗り物なんて慣れてしまえばそんなものです・・・

て事で最初は怖くて当たり前なので安心して走りましょう。大丈夫、隣には教官が居ますから・・・

MT車の場合、案外ギアチェンジは路上教習の方が楽です


ギアチェンジ、これこそ慣れるまでなかなか大変だと思います。仮免を取った段階で慣れてない人も普通に居ると思います

速度が出てないうちに焦ってギアチェンジすると「ブボボボ」みたいな不審な音が鳴り出すんですよね。その音で更に焦るやつ

最初のうちは2速から3速に入れるのも苦労したし、4速から2速に落とすのなんて一番焦りました(5MTの車だったので路上教習では4速までしか使いませんでした)

しかし!路上に出てしばらくすると不思議とギアチェンジ出来るようになります。

コツは「力まない事」「感覚を覚える事」に限ります。シフトノブを頭に思い浮かべてイメトレするのが意外とオススメ!意外と感覚を掴めます

信号まで余裕があったらギアを落として停車しよう

教習中に信号が赤になって止まる時って、ギアを落とさないで止まる事が多いと思うんです

しかし!信号まで余裕があったらギアを落としていきましょう。その方が前の車が徐行しだした時とかあの「ブボボボ」っていう不審な音が鳴らずにすんなりと止まれます

マニュアル車に実際乗ってて運転してる人の止まり方を見てるとニュートラルに入れて止まる人が多いんですけどね。教習だとそうもいかないやつ




雪が降る地域では雪がいくら降ろうとも教習をやります

どんなに吹雪であろうとどんなに道が悪かろうと前が見えなかろうと教習はやります。キャンセルする人も居るらしいんですけど

でもね、雪の中の教習を拒否ってるようじゃイカンわけですよ。そりゃそーだ、雪国に住んでる限り雪道は避けて通れないんだもの

教習だからと言って「ちょっと吹雪の中は無理です〜〜」なんて言ってたら免許を取った後が大変です

吹雪も大変だけど溶けた後もなかなか大変です

というのもね、雪が溶けた次の日に気温が下がってると溶けたデコボコの状態で固まってたりするんですよ。轍(わだち・タイヤの跡)が出来てたりするともう最悪です。怖いのなんの

しかもこの状態で走るとめちゃくちゃ車がバウンドするし、対向車線にはみ出すんじゃないかとヒヤヒヤします

しかし!そんな状態でも教習は続きます。免許を取ったら走らなければいけない道なんだもの

高速道路の教習は実車?シミュレーター?問題


高速道路って実際に走るの?と思うじゃないですか。

これ、高速道路のインターチェンジが近くにあるか無いかで決まるみたいです。私の通ってたところは目と鼻の先にインターチェンジがありました。つまり実車で走りに行きます

しかし!冬場は走りません。すこぶる豪雪地帯なので12〜4月らへんまではシミュレーターだそうです

真冬に取得した私はもちろんシミュレーターでした。アーケードゲームみたいなリアルなやつじゃ無いです、すごいハコみたいな四角い物体が走ってる謎のシミュレーターでした(多分めっちゃ昔のやつ)

自主経路は目的地まで自分で道を決めて走ります

最後の方に「自主経路」って項目があります。これ、目的地まで自分で道を決めて走るコースです

例えば「◯◯駅まで行ってください」って言われたら、教習所からそこまでの道を自分で考えて走らなければいけません

地図は渡されるんですけど、直前に渡されても分かるかこんなもん!って話になります。つまり教習所近辺の大きい道は最低限頭に入れておいた方がいいです・・・

Google ストリートビュー

Google ストリートビュー
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

こういう時に地味にgoogleマップやストリートビューが役に立ちます。卒検の経路から自主経路の道の確認まで出来るので活用しましょう

二段階目でようやく縦列駐車と方向変換をやります


やっと来ました、縦列と方向変換。

はっきり言います、教習所でやる縦列と方向変換は実践であまり使えないです

というのも「ポールの一番端が見えたらハンドルを右に切って」とか「ここまで来たらハンドルを左いっぱい切って」とか、そういう覚え方をするんです

なんというか「あくまで卒業検定に受かるためにとりあえず覚える」感じです

方向変換は「後退する時」より「出る時」の方が怖いです

方向変換する場所はこんな感じになってます

後退する時に縁石に乗り上げたらどうしよ〜〜〜とか考えると思うんですよ。でもね、後退する時ってあまり失敗しないと思うんです

なぜなら教官が大体ハンドルをめいっぱい切るタイミングを教えてくれるから!

しかしですね、出る時はあの忌まわしいS字クランクの時と同じなんです。どういう事かと言いますと

こういう事です。つまりタイミングをミスすると脱輪します

縦列駐車はハンドルを切るタイミングを覚えるだけなので楽

縦列駐車をする場所はこんな感じになってます

あのね、ぶっちゃけね、方向変換よりね、縦列駐車の方が、

教官が全部どのタイミングでハンドルをどのくらい切るか・どのくらいまで後退すれば良いか教えてくれるんですよ。それをただ実践するだけなので本当に楽!

しかも出口は他の車が来てないか確認して、ハンドルを切ったまま進むだけ!楽!なにこれ楽!

あれ?卒検で縦列と方向変換はやるの?って思った人居ますよね?

私も最初は全然知らなかったんですけど、縦列と方向変換は卒業検定でもやります。

どのタイミングでやるかって?路上を全て走り切った後です。路上の検定が終わった後、教官の運転で教習所まで戻ります。

そこから場内で縦列 or 方向変換をやります。

縦列 ・右方向変換・左方向変換のどれをやるのかは修了検定のS字クランク同様当日の検定直前に知らされます。こえー

つまり路上を走り切っても場内で失敗したら落ちます

路上を無事に走り切ってからはい次場内で縦列ねー方向変換ねーってなりますよね

そして仮に脱輪して落ちてしまったとします。これ、路上からまたやり直さなければいけないんです

修了検定の時と同様、落ちたら一時間の補習を受けてまたもう一度受けなければいけません・・・しんどい・・・




注意!二段階目は学科をなるべく早めに終わらせておきましょう

実はですね、学科の2-15(経路設計)2-16(高速道路での運転)は終わらせておかないと13時限目以降の教習が受けられません

ちなみに、先に二輪免許を取得していたとしても2-16だけはもう一度受けさせられます。早めに受けておくが吉です

修了検定と卒業検定、どっちの方が緊張したか問題

はっきり言って前日は断然卒業検定の方が緊張しました。

修了検定だと必ずS字クランクをやる事は分かってますし、場内がどんな道かなんて分かりますよね

卒業検定は方向変換か縦列かも知らされないままです。しかもですね、私の場合卒検のルートもどこを走るのか教えられてませんでした

これ、普通は教えてもらえるっぽいんですよね。でも私は教えられないままめちゃくちゃ雪が積もった狭い道をひたすら走らされてたんです

なので卒検前は「あんな道走るのかよ雪山突っ込むぞコラ」なんて思いながら一人で走りそうな道をストリートビューで見てました

しかし、始まってしまうと卒検の方が修検より緊張しなかった

卒業検定当日になって知ったんですけどね、当日走る道って実はそんなに長くないんですよ。しかも思ったより入り組んでなかったんです

ルートを知らされた途端「あれ?そんなもん?」なんて思った位には短い道でしたそれにですね、車に乗ると不思議と緊張が薄れました。

修了検定の時は足がガクガクすぎて半クラッチがうまく出来なかったんですけどね・・・フシギ・・・

卒業検定で気をつけたいポイント

・場内と違って飛び出してくる人や車が普通に居ます

急に飛び出してきた人や車にやられて落ちる人、普通に居ます。補助ブレーキ踏まれて終了。特に死角に注意したい

・横断歩道を渡ろうとしてる人は渡るまで待とう

止まらない人多いんだけどね、信号のない横断歩道を渡ろうとしてる人が居る時はきちんと待ちましょう。渡らなそうだからと言って発進するとアウト。渡らなそうでもとりあえず待つべし

・一時停止や停止線には注意

停止線越えて信号無視になって落ちる人、結構多い

・黄色信号のタイミング、きちんと見ておくべし

信号が黄色になってるのに突っ込んでって落ちる人も居ます。

・雪がない時は飛び出してくる自転車も怖いです

ふらふらしながら運転してるおばさん、ムキになって車に追いつこうとしてくるサラリーマン。マジで怖いです、普通に突っ込んでくるので自転車にも気をつけてください・・・

・合図の出し忘れに注意

ハザードとか発進のウィンカーとか忘れずにやりましょう。忘れがちです。

とにかく何事にも言えるのが

「焦らない」「迷ったら早めのブレーキ」「合図は忘れない」「歩行者優先」「しっかり周りを確認」

本当にこれ!焦ったら終わり!

ちなみに卒検の一発合格率はですね

ちょっとアンケートをとってみました

案外合格率は高いんです。ちなみに私の周りは一回は落ちてる人が多いですが、今は普通に運転してます

そしてですね、死にそうなほど緊張しまくってお腹痛くなって「あ〜〜まじなんでこんな緊張するんだろう」なんて思いながらも寝れなくなるのはよく分かります

でもね、落ちても死なない。大丈夫。安心して受けましょう




大丈夫、何事も慣れなのでとにかく運転して慣れましょう

超過しても大丈夫、その分人より運転してるので路上に出た時の安心感が違います

ストレートで卒業してしまったぱつこさんは駐車するのですらおっかなびっくりですし、夜道なんて悲鳴をあげながら運転してます

そんなもんです。

という事で、これを見てる教習や卒検が不安でならない皆さん。ご安心ください。二輪免許を持って路上にはバリバリ慣れてるはずの私ですら前日は緊張でお腹を下してご飯すら食べられませんでした

なんとかなります。

そして最後に1つ言いたい

応急救護、人数多いとマジで恥ずかしい

って事で皆さん!免許取得は不安で当たり前なんです!当たり前!そんなもん!なので力を抜いて頑張りましょう!

一段階目の技能教習のお話はこちら!

二段階目だけじゃなく仮免許前の一段階目についても書いてます。不安な方はこちらもどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で














この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です